ジェフ・ベック 追悼特集

1月10日に逝去されたジェフ・ベック 氏に追悼の意を表した番組をお届けします。 “世界3大ギタリスト”の1人として人気を誇ったジェフ・ベックは、1944年イギリス、ウェリントン生まれ。 1965年、同じく3大ギタリストの1人に名を連ねるエリック・クラプトンの後任としてヤードバーズにギタリストとして加入、本格的なキャリアをスタートします。 ヤードバーズ脱退以降は、ジェフ・ベック・グループ、ベック・ボガート&アピスといったグループ・キャリアでロック・シーンでの地位を確立、後のソロ作『ブロウ・バイ・ブロウ』『ワイアード』では、フュージョンやクロスオーヴァー・シーンに対する彼からの返答といえる画期的な作品でロック・インストゥルメンタルの新境地を切り拓き、その革新的プレイは世界中に衝撃を与えました。 1980年代にはフィンガー・ピッキング奏法に移行、本人の指先とギター、アンプのみというシンプルな形ながら、人声同様、時にはそれ以上の感情表現を魅せ、そのテクニックやタイム感、創作センスなどから演奏されるパフォーマンスでグラミー賞を8度受賞するなど、音楽史に多大な功績を残したジェフ・ベック。 この番組では、孤高のギタリスト、そして唯一無二の存在であり続けた彼のキャリアを代表する名演の数々を届けします。 ジェフ・ベック 氏に、敬意と追悼の意を表すとともに、謹んでご冥福をお祈り申し上げます。

再生待ちの曲

ジャンルから探す

3日間無料でおためし

24時間いつでもどこでも。
今の気分にピッタリな音楽が
聴き放題

3日間無料でおためし
  • AppStoreからダウンロード
  • ANDROIDアプリ Google Play
TOP